カテゴリ: 自己啓発

3時間であなたは変われる。自信をつける幸せメディテーション

「3時間で、あなたは変われる。自信をつける幸せメディテーション」は、
「人は瞑想をすると、合計時間が3時間を超えたあたりから変化しはじめる」
という研究結果をもとに作られたものです。
瞑想をすることで脳の前頭葉が鍛えられ、

〇意思の力が強くなる
〇物事への継続力が伸びる
〇積極的な性格になる
〇落ち込みにくくなる
〇アイディアが浮かびやすい
〇睡眠の質があがる
〇病気のリスク軽減・若返り効果・ダイエット効果
〇人への共感能力が上がる

などなど、様々な効果が得られます。

自分に自信がない、自分は意思が弱いと思っている方にぜひ試していただきたいものです。

3時間であなたは変われる。自信をつける幸せメディテーション



「やりたいこと発見」通信講座

やりたいことが分からないのは、決してあなたのせいではありません。

なぜなら、これまではやりたいことを見つけす出す方法を誰も教えてくれなかったからです。
進路指導の先生も「自分の進路を早く決めなさい!」と言うだけで、進路を決める元になる「やりたいこと」を見つけ出す方法など教えてくれません。親自身もやりたいことをできれている人が少ないために、教えられません。

ではどうすれば自分が心から「やりたい!」と思えることを見つけられるのでしょうか?

それには3つのサイクルをグルグル回して行くことが大切です。


サイクル1.知る

どんな方でもやりたいことは自分の中に眠っています。自分の中に答えがあるのです。ですからまずは自分自身を知る必要があります。今の自分はこれまでの人生から作られています。

過去に嫌な体験をすれば、それが嫌いになり苦手になります。過去に嬉しい体験をすれば、それが好きになり得意になります。

ですから自分を知るためには「過去」を掘り下げて行くことが一番大切なのです。

過去の体験から自分を知る!

これまで良かったこと、悪かったことすべてを含めて自分の人生の棚卸をして行きます。しかもただ質問に答えて行くだけで自然と棚卸ができます。

さらに、あなたの中に寝る「隠れた才能」も見つけ出して行きます。

「自分には才能なんてない…」と思い込んでいる人でも実はキラリと光る才能が眠っているのです。
そしてその才能は8つの質問に答えるだけで「芋ずる式」に発見できるのです。


サイクル2.動く

「自分のやりたいことはこれだ!」と発見したつもりになっていても、実は微妙にズレていたり、知らず知らずに友人や家族、マスコミなど他人の影響を受けて本当のやりたいことではなかった、ということも起き得ます。

そこでそれを解消する方法が「実際に動いてみる」ということなのです。

趣味であればプチ体験してみる。職業であれば詳しく調べたり、知人伝いにその職業の人から実際の仕事内容を聞いてみる。パートやアルバイトで体験してみる、ということができます。

ただ、やりたいと思ったことでも不安や恐怖心が湧き前に進めないということもあります。なぜなら私たちは未知の体験を嫌がりますし、人それぞれ行動パターンやモチベーションが湧くポイントが違うからです。

例えば、「挑戦する」ことに魅力を感じる方もいれば、「改善する」ということに魅力を感じる方、あるいは「奉仕する」ということに魅力を感じる方など十人十色です。

ではあなたはどんな行動や状態に魅力を感じ、意欲が湧くのでしょうか?
そんな自分の行動特性を知ることが大切です。

「冒険する」「開拓する」ということにやる気を感じる方は飛び込み営業に向いているかもしれませんが、「研究する」「調査する」ということにやる気を感じる方は飛び込み営業向きではないかもしれません。

このように自分の行動特性がわかれば、自分に合う合わないがわかり、より最適な職種や趣味を見つけ出すことができるのです。

実際には100個の行動キーワードから自分に響く3つのキーワードを選ぶことで、あなたが勝手に動きたくなる行動パターンが見えてくるのです。

さらに、やりたいことを具現化させるための行動3ステップを実践することで、歩きながらやりたいことをさらに絞り込むことができるのです。


サイクル3.感じる

発見した「やりたいこと」が「本当にやりたいこと」なのか日常生活の中で動きながらチェックし最適化して行くことが大切です。

そこでやりたいことの最適化の「強力な武器」になるのが、私たちがみな持っている「直感力」です。

しかし現代人は動物的直感力のアンテナが錆びつき感度が鈍ってしまい、目の前サインに気づかないことも多いのです。

直感というとどこかいい加減で大雑把というイメージが湧きますが、実は一番信頼のおけるセンサーであり、最大の判断能力でもあるのです。

この直感力を研ぎ澄ませることで、本当にやりたいことなのか?それともやりたいと思い込んでいただけなのかが判別できるのです。

そしてやりたいことをドンドン引き寄せ現実化させることができるのです。そうすると日々ワクワクを感じながら理想の道へ進んで行けるのです。

やりたいこと、眠った才能が自然と湧き出す
「やりたいこと発見通信講座」の内容とは?


「やりたいこと発見」通信講座

~わずか1日15分の治療法~ 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』

吃音カウンセラーの宮崎一哉です。

私は20年以上にわたり、どもりの差別に耐えながら
どもりを改善する方法を研究してきました。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

~わずか1日15分の治療法~ 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』

どもりで苦しんでいる人があまりにも多いから。

そして、どもりを改善して自分に自信を持ってもらいたいからです。

「でも、治る治ると言われて今までまったく治らなかったし・・」
という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。
私のところに相談にくる方も、以下のような悩みを抱えています。

「どもりを治すには長期間の治療が必要」
「そもそも、治る事は一生ない」
このように多くの噂に惑わされているのが現状です。

私自身も今までに10数か所の病院に通いましたし、
本に書いてあるどもりを治す方法を何個も試しました。

結果はこの手紙を読んでいるあなたならご存知ですよね。

そもそも、お医者さんはどもりになった経験がありませんし、
医学書で学んだ知識を話しているだけに過ぎません。

さらにはどもりは治らないのでうまく付き合っていきましょうね。

と、治すつもりもまったくないのです。

病院に行ってもどもりの辛さを理解してもらえないし、
そもそも治らない…。

それでも、どもりを治したかった私は
「病院に行かないで自宅でどもりを治すことはできないのか」
という課題を掲げ何年間も研究し続けました。

もちろん、世間に出回っている医学書や
どもりを治した人の本は何冊も読みましたし、
実際に、どもりを治した人に直接お会いして話も聞きました。

そして、それらの方法を自分で試し研究し続けました。

その研究が、数年過ぎようとした日のこと、
私は“あること”に気が付いたのです。

その瞬間は「これだ!」と、飛び上がったことを今でも覚えています。

そして、ドキドキしながらも、
その“あること”を実際に自分自身で試したのです。

その27日後どもりは改善され、普通にしゃべることが当たり前になっていたのです。

~わずか1日15分の治療法~ 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』

しかし、どもりを治した人はそれぞれの治し方を持っていました。

もしかしたら、この方法も私だけにしか効果がないのでは?

と、疑問があったので何度かメールしたことのある
どもりの友達数人にも試してもらったのです。

そして、30日後…

彼らは今までどんな方法を試しても治らなかった、
重度のどもり(吃音)を改善し、しゃべれることが当たり前になったのです。

もちろん、その期間中に病院に行って治療など一切していません。

つまり、病院に行かずにどもりを改善することに成功したのです。

しかも、私だけでなく誰にでも効果があるということが実証された瞬間でした。

通常、どもりは病院で長期治療をするか
多少よくはなっても治る事はないと言われています。

しかし、この方法は"多少よくなる"のではなく
周りの人と同じように普通にしゃべるのが当たり前になるのです。


~わずか1日15分の治療法~ 『3ステップどもり(吃音)解消プログラム』

↑このページのトップヘ